世界初!あこ天然培養酵母・即日活性種 デビュー。

販売再開しました。2022.1.12 

ご注文の集中のため、一旦新規の受注を休止させていただいておりましたが、このたび販売再開を致しました。                     ご不便をおかけいたしまして大変申し訳ございません。

あこ天然培養酵母 即日活性種は・・


✔ すぐ使える! わずか40~60分の予備発酵(生種起こし)ですぐにパン生地の仕込みに使用可能


✔ 添加物一切無し! 初期培養の段階から一切の化学物質一切不使用


✔ 風味満点のパンを焼くことができる! 酵素によりアミノ酸形成がなされる風味満点の「ほんもの発酵パン」を焼くことができる


あこ天然培養酵母でパンをつくると

あこ天然培養酵母・即日活性種【基本のレシピ】

あこ天然培養酵母・即日活性種の生種起こし                                          

用意するもの

  • あこ天然培養酵母 即日活性種(粉末)
  • 35℃の温水
  • 清潔な容器
  • スケール/量り
  • 温度計(水温を計測)
  • ホイッパー/スプーン(かき混ぜるため)

基本の割合: あこ酵母 即日活性種  1 : 3 温水(35℃)

ここでは 出来上がり量が200gの即日活性種の生種起こしをします。

1.
清潔な容器に約35℃の温水を15Og入れる
2.一方方向にかき混ぜながら、即日活性種の粉末50gを注ぎ入れる
3.ホイッパー等でよく混ぜたら、容器に蓋をする ※1
4.30℃前後の場所に40分~60分置いておく
5.上面に粉体が浮き始めるのが出来上がりのサインです
6.生地の仕込みをはじめましょう ※2


※1:蓋は軽くのせる、又はラップをかけて数か所空気穴をあけてください。
  完全密封をすると、酵母が酸欠をおこしてしまいます。ご注意ください。

※2:余剰分は冷蔵庫で保管し、1週間程度で使い切ってください。

パン生地の仕込み                                          

あこ天然培養酵母 即日活性種(種起こしをしたもの)は、基本的には 粉対比※10% 使用してください。※ベーカーズパーセント

その他の行程や配合率は、既存製品あこ天然培養酵母ストロングと同じです。【あこ天然培養酵母のパンつくり:パン生地の仕込み】をご覧ください。

●イギリス食パン*基本の配合 ※小数点以下は繰り上げています。


強力粉 250g(100%)

あこ酵母即日活性種の生種 25g(10%)

砂糖 13g(5%)

食塩 4g(1.5%)

給水 150g前後(58~62%)※粉により変わります。


あこ酵母のパンつくりでは、「一次発酵」をしっかりとる!のがポイントです。

見極めのポイントは動画でご覧になってみてください。


あこ天然培養酵母・即日活性種【ホームベーカリー使用時のレシピ】

天然酵母対応コースのあるホームベーカリーならほとんどおまかせで食パンが焼けます。

(以下でご紹介する手順はPanasonic社製・象印社製・エムケー精工社製の天然酵母対応コースがある機種を使用して、弊社内で確認をしております。

 すべての機種で行っているわけではありません。また個体差があることをご了承ください。)

【 準備するもの 】 ☆パン生地を仕込むための、1回分(1斤分)の生種をつくる行程の紹介です。

①あこ天然培養酵母・即日活性種粉末 必要量※レシピにより5g~6gで変動

②35℃前後のお湯 ※レシピによりますが、おおよそ200g前後

③熱湯 ※内容器(食パン型)を温めるため


■手順■

1:ホームベーカリーの内容器を③の熱湯で温める。容器の1/3程度まで熱湯を注いで数分放置する。

2:①②をレシピに従って計量する。

3:容器の熱湯を捨てて、①②を投入。小さなミキサーやスプーンで混ぜる(20秒程度)。

4:ホームベーカリーに内容器をセット。”生種つくり”の機能をセットして1時間。

  ※ホームベーカリー本体にタイマー機能がない場合は、お手持ちのキッチンタイマーなどを使用してください。

5:1時間経過したら終了。ホームベーカリーを一旦OFFにして、内容器を取り出す。

6:できあがり。

7:早速、仕込みをはじめましょう!↓ 


シンプル!小麦の香りただようイギリス食パン

【 準備するもの 】

①あこ天然培養酵母・即日活性種粉末 6g

②35℃前後のお湯 204g

③熱湯 ※内容器(食パン型)を温めるため

❹強力粉      280g

❺砂糖        14g

❻食塩         4g


【 手順 】

1:”種起こしをする” を参考に生種をつくる。①~③を使用。

2:生種が完成したら、残りの材料❹~❻をすべて加える。粉をいちばん最後に加える。

3:ホームベーカリー本体の蓋をとじて、天然酵母パンコースで「食パン」を選択。できあがりを楽しみに待つだけ!

  ※機種により異なりますが、7時間前後で焼き上がります。


歯切れよく!サンドウィッチにもおすすめ*朝のトースト

【 準備するもの 】

①あこ天然培養酵母・即日活性種粉末 6g

②35℃のお湯         198g

③熱湯 ※内容器(食パン型)を温めるため

❹強力粉      280g

❺砂糖        14g

❻太白ごま油     14g

❼食塩         4g


【 手順 】

1:”種起こしをする” を参考に生種をつくる。①~③を使用。

2:生種が完成したら、残りの材料❹~❼をすべて加える。粉をいちばん最後に加える。

3:ホームベーカリー本体の蓋をとじて、天然酵母パンコースで「食パン」を選択。できあがりを楽しみに待つだけ!

  ※機種により異なりますが、7時間前後で焼き上がります。


バターたっぷり。至福のヒトトキ。バターブレッド

【 準備するもの 】

①あこ天然培養酵母・即日活性種粉末 6g

②35℃のお湯         204g

③熱湯 ※内容器(食パン型)を温めるため

❹強力粉      280g

❺無塩バター     56g

❻砂糖        14g

❼太白ごま油     14g

❽食塩         4g

【 手順 】

1:”種起こしをする” を参考に生種をつくる。①~③を使用。

2:生種が完成したら、残りの材料❹~❽をすべて加える。粉をいちばん最後に加える。

3:ホームベーカリー本体の蓋をとじて、天然酵母パンコースで「食パン」を選択。できあがりを楽しみに待つだけ!

  ※機種により異なりますが、7時間前後で焼き上がります。


さらにお手軽に!☺ タイマー機能を活用する場合(生種つくり~焼成まで一気に進めます)


【 準備するもの 】

❶あこ天然培養酵母・即日活性種粉末 6g

➋35℃のお湯         204g

❸熱湯 ※内容器(食パン型)を温めるため

❹強力粉      280g

❺砂糖        14g

❻太白ごま油     14g

❼食塩         4g


【 手順 】

1:ホームベーカリーの容器を❸の熱湯で温める。

2:容器の熱湯を捨てて、❶➋を投入。小さなホイッパーやスプーンなどえ混ぜる。20秒程度。

3:❺❻をそのうえに加えて軽く混ぜる。

4:❹を加える。この段階では混ぜあわせない。小麦粉がいちばん上にのっている状態。

5:ホームベーカリーに設置する。

6:タイマー機能を利用して、焼き上がり予定時間を規定の焼き上がり時間に+1時間後に設定する。

  事前に本体の時計合わせをしておいてください。

例)食パンが7時間で焼き上がるホームベーカリーの場合。

   通常:8:00にセット  15:00に焼き上がり

   タイマー機能利用時:8:00にセット  16:00に焼き上がりにセット。


■必然的に、最初の1時間が種起こしの時間となります。最後まで手が離れるため

 焼き上がりを待つだけの楽々パンづくりが叶います。

あこ天然培養酵母でパンをつくると

  ↑即日活性種粉末と温水を混ぜている様子    





あこ天然培養酵母でパンをつくると

  イギリス食パン ※パナソニック製HB使用 


あこ天然培養酵母でパンをつくると

  朝のトースト ※パナソニック製HB使用 



あこ天然培養酵母でパンをつくると

  バタ―ブレッド ※パナソニック製HB使用 


あこ天然培養酵母でパンをつくると
あこ天然培養酵母でパンをつくると